書類の書き方 | 人材ビジネスキャリア

履歴書/職務経歴書の書き方

■履歴書の書き方(フォーマット無料ダウンロード出来ます)

◆履歴書は、手書きでという方もいらっしゃいますが、特に企業からの指定がなければ、データーで問題ありません。
(最近は、Word Excelなどのデータで作成する方が一般的です。)
◆連絡先の電話番号やメールアドレスは間違っていると連絡が取れませんので、必ず確認しましょう。
◆年月が間違っていないかチェックしましょう。
(入学・卒業年月、入社・退社年月が履歴書と職務経歴書で違っているケースは意外に多いものです。)
◆履歴書の写真は必須です。(スーツ着用)
携帯カメラで撮影した画像を利用される方もいらっしゃいますが、正式な証明写真が望ましいです。
どうしてもやむを得ない場合は、明るさや背景など十分に注意してご利用ください。
◆志望動機は、次の項目で説明します。



■職務経歴書の書き方(フォーマット無料ダウンロード出来ます)

◆職務経歴書は2枚以内、多くても3枚程度に収めましょう。
枚数が多くなるようなら余白を少なくする、表組ではなくテキストのみにするなどの工夫をしてみましょう。
◆人材会社は、時系列で作成された職務経歴書を好まれる傾向があります。
職能別ではなく、時系列(または逆時系列)で作成しましょう。
◆営業系職種の場合は実績の記載は必須です。実績は、売上、達成率などの数字で記載してください。
◆社内表彰などの実績があれば、記載してアピールしましょう。



■人材業界未経験者のポイント

業界未経験者の方が人材会社を志望する場合、志望理由は非常に重視されます。
◆志望理由は面接でも必ず質問されますので、簡潔に答えられるように事前に準備をしておきましょう。
◆志望動機には2種類あります。一つは「人材業界への志望理由」もう一つは「応募企業への志望理由」です。
◆業界への志望理由は、「人と接する仕事がしたい」「人の役に立つ仕事がしたい」では、人材業界でなければならない理由とは言えず、業界への志望動機としては弱いです。
「何故そう思ったのか」「なぜ人材業界なのか」を掘り下げて考えてみて下さい。
◆企業への志望理由は、ホームページや求人情報などを参考に、 なぜその会社に入社したいのかを掘り下げて考えておくことが必要です。
人材紹介会社を通じて応募する場合は、キャリアコンサルタントからの情報も参考にしましょう。


■人材業界経験者のポイント

採用企業が経験者を採用する一番のメリットは、「即戦力性」です。
◆これまでの経験や強みから、応募企業でどのような点で貢献できるのか?と言った事をしっかりとアピールしましょう。
(人材業界の中で領域を変える場合でも、転用可能なポータブルスキルのアピールは必要)
◆年齢なりの経験、且つポジションを考慮した内容を記載しましょう。