人材ビジネスキャリア|キャリア インキュベーション株式会社

プロフェッショナル人材とCxO人材にフォーカスして企業の成長と変革を支援している人材紹介会社、キャリアインキュベーション株式会社の荒井社長にインタビューしています。

社長ご自身のプロフィールからお聞きしたいのですが

荒井社長:日本リクルートセンター(現リクルート)に10年間おりまして、求人広告事業・通信事業の営業マネージャーとして勤務しておりました。
その後、退職しまして、キャリアデザインセンターの創業に参画しました。
キャリアデザインセンターはリクルートの競合の求人メディアでして、当時、まだ転職に対して、後ろ向きの感覚がありましたが「キャリアをデザインして転職活動を支援する」といった、それまでの求人媒体とは違うマーケットを広げていこうと創業されたのです。

キャリアデザインセンターに専務として在籍した後に、その子会社のキャリアデザインコンサルティングの社長として人材紹介事業に携わってきました。
そこから独立をして、2000年に現在のキャリアインキュベーション株式会社を創業するに至りました。

現在の会社のご状況はいかがでしょうか?

荒井社長:キャリアインキュベーションは17期になります。会社の状況としては、創業メンバーの次に入ってきてくれた人たちが会社の中核になりつつあって、第二創業期を迎えています。

マーケットとしても良い状況であることから業績も大変好調でして、会社としては、非常に充実していると思います。
社員数は14名おります。来年入社予定1名で15名となります。

年齢構成は、一番若い方は30代前半です。40代のメンバーが多く、そして50代が3名ほどおります。
女性の割合が多く、丁寧に仕事をしてくれるところを非常に評価しています。

事業領域としては、ハイスペックな人材に注力しています。コンサルティング会社、買収ファンドに勤めておられるような、プロフェッショナル人材やCEO、COO、CFOといったCxO人材です。
規模拡大を追求するのではなく、少数精鋭のプロフェッショナルファームでありたいと考えています。

募集要項はこちら


社長が求めている人物像をおうかがいしたいのですが?

荒井社長:キャリアインキュベーションが目指しているところは、外資系のエグゼクティブサーチに匹敵するような付加価値の高い仕事をしていきたいと考えています。
基本的なところではありますが、経営者や優秀なキャンディデイトの両者と長期的な良い人間関係を構築できるような方を求めています。

どのようなメンバーが活躍されていますか

荒井社長:リクルート、インテリジェンス、JACなど、同業者での経験をされてきた方が多いです。よりハイキャリア層、より専門的に仕事をしたいといったモティベーションを持って当社に来てくれています。

例えば大手のエグゼクティブサーチで上場しているとなると、まずは業績優先であり、それも勿論大切な事ですが、目先の売り上げの為に本来やるべき仕事のやり方と違ったとしても数字を作らなきゃならない状況もあるかと思います。そういった環境では腰を落ち着けて、やりたい仕事ができない、そういった理由で当社にこられた方もいます。

社長が感じる人材ビジネス業界への魅力をおききしたいのですが。

荒井社長:我々は、極めて社会貢献度の高い仕事であると感じています。

素晴らしい製品や、サービス、豊富な資金があっても「誰が」経営を行うかによって成果は大きく変わってしまいます。我々はその「誰が」に強くこだわりクライアントのビジネスを成功に導く事をミッションとしております。
企業の成長と変革を「人材」面から支援する。我々はそこに魅力を感じています。

非常に景気に左右されやすい人材ビジネス業界ですが、そこはどうお感じになられていますか?

荒井社長:創業して間もない頃にITバブル崩壊、 そして2008年のリーマンショックがありました。
景気に左右される業界であるのは、身をもって体験してきました。

ただ、リーマンショックの様な経済が不安定な状況であっても、マーケットから全く求人が無くなるというわけではありません。
クライアントも沢山のエージェントと付き合いがあると思いますが、その中で10番手以降ではお客様のレーダーに入ってきません。本当に状況が悪くなった時には、その内の上位1、2社しか声をかけない、という現実があると思います。

そういった状況の時に、お客様の頭に最初に「キャリアインキュベーション」が浮かぶ状態を確立していく事、プライマリーエージェントである事が景気に左右されない強い企業であると思っています。

今後の会社のビジョン(事業展開)はどのようにお考えでしょうか?そして今後の採用に関してお聞きしたいのですが。

荒井社長:会社の規模をそれ程大きくするつもりは有りません。ただ現在の人数では少し少ないと感じでいます。新陳代謝も有りながら20名位を維持している状態をイメージしています。

会社の規模は大きくはなくとも、メンバーはインダストリーのプロフェッショナルであり、高い専門性を持っている集団で有りたい。少数精鋭の組織を目指しています。
それでいて、仕事が好きな人、これは基本的なところですが、このエージェント、サーチの仕事が好きで社会に貢献しているという意味を理解している人。

それがよい仕事をすることに繋がっていくと思うので、その精神を持ち合わせている方と一緒に仕事がしたいと思っています。

募集要項はこちら