人材ビジネスキャリア|書類選考通過のコツ

このところ、人材ビジネス業界の採用基準も非常に高くなってきており、面接どころか、書類も通らないということも増えてきました。ここでは、なかなか書類選考が通らないというあなたに、書類選考の通過率を上げるコツをこっそりお伝えしたいと思います。人材ビジネスキャリアに求人をご掲載頂いている企業の採用ご担当者からのご意見なども取り入れておりますので、是非とも、参考にしてみてくださいね。

人材ビジネス応募書類作成のコツ【職務経歴編】

(※人材ビジネスキャリアの「最終学歴・経歴」「自己PR・希望など」の入力時にも参考にしてください。)まずは、職務経歴について。アピールすべきところはしっかりと、且つ簡潔に記載するのがポイントです。(書類作成の場合は長くても2〜3枚程度)最近は、単に「経験がある」というだけでは採用されません。企業は「実績が出せる」人材を採用したいと考えていますので、特に営業職にご応募される方は、件数や金額などの数字を使って実績をアピールするようにしましょう。また、単に数字を並べるだけではなく、その数字がどのような評価に値するのかが読み手にも分かるように、達成率や順位、表彰経験などでアピールできるとさらに効果的です。コーディネーターについても、目標達成意欲の高い方が求められていますので、何らかの数字目標や、納期などの目標を持って仕事をしてきた経験があれば、記載してください。

人材ビジネス応募書類作成のコツ【自己PR編】

(※人材ビジネスキャリアの「最終学歴・経歴」「自己PR・希望など」の入力時にも参考にしてください。)多くの方が、ここで、ご自身のやりたい事、言いたい事、想いなどを一方的に書いてしまいがちです。しかし、大切なのは、相手(採用担当者)が「この人に会いたい!」と思うかどうかです。それには、あなたが、会社に対してどのような貢献ができるかを示すことが一番です。求人情報や会社のHPなどをから業界研究、企業研究を行い、企業が求める人物をしっかりと把握した上で、自己PRを記載しましょう。

人材ビジネス業界研究

◆未経験者の方・・
特に未経験の方は必須です。「なんとなく人の役に立ちそうな仕事だから」「なんとなくカッコ良さそう」「以前、転職活動をした時にお世話になった人材ビジネス会社の方に憧れて・・・」などという、なんとなく・・・や、憧れレベルの状態で応募していませんか?これでは、まず選考を通過するのは難しいでしょう。これらは、ほんのきっかけに過ぎませんので、人材ビジネス業界飛び込む事を真剣に考えるのであれば、さらに業界のことを深く掘り下げて研究する必要があります。そして、自分が本当にやりたい仕事かどうか?を見極め、なぜやりたいのか?この仕事で何を実現したいのか?などを明確にしておきましょう。

◆経験者の方・・
人材ビジネス業界も特にこの1年は動きの多い状況の中にありましたので、特に中堅クラスの方においては、ご自身の実績云々にだけでなく、業界全体の流れや動きを踏まえてのご自身の考えなどについて面接時の質問が及ぶ場合があります。業界人として業界情報はチェックしておきましょう。インプレッションでも業界研究のための資料をご案内させていただいておりますので、下記の参考資料をご覧ください。

人材ビジネス業界研究のための参考資料

■人材ビジネスキャリアAnnex (http://blog.livedoor.jp/jinbijp/

■人材派遣会社 営業 派遣コーディネーターの就職・転職サイト(http://www.impr.co.jp/hkn/

■キャリアコンサルタントの求人・募集サイト(http://www.impr.co.jp/consul/