人材ビジネスキャリア|人材紹介業界の基礎知識

キャリアコンサルタントとは、いったいどんな仕事なのでしょうか。 人材紹介会社で転職の相談にのってくれる人といったイメージをお持ちの方もいらっしゃれば、ハローワークなどの公共機関で職業相談にのってくれる人といったイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。また他にもイメージされる職業があるでしょう。 ここでは、人材紹介会社のコンサルタント職についてお話し進めていくことに致します。

人材紹介のお仕事とは

人材紹介会社とは、人材を探している企業と、仕事を探している求職者の皆様をコーディネートする会社です。ハローワークの民間企業版ですね。ですから人材紹介会社にとってのお客様とは ◎求人企業◎求職者の2者です。法人と個人両方のお客様をもつビジネスということになります。求人者、求職者のコーディネートをする仕事ですから、人材採用を予定している企業から求人情報を集めてくる必要があります(求人登録)。また、求人情報を集めてくるのと並行して、お仕事を探しておられる求職者の情報も集める必要があります(求職登録)。そして、求人者、求職者双方のご希望をうまくコーディネートすることで、求人企業の採用を成功に導き且つ、求職者の皆様の転職を成功に導いていくこの一連のことを行なうのが人材紹介会社のキャリアコンサルタントの仕事です。

業務分担について

次に業務分担についてですが、会社の事業方針により社内業務を効率よく進めるため、求人企業の人事採用のお手伝いをする係りと、求職者の皆様の転職のお手伝いをする係りとに分業制を導入されている紹介会社もあります。前者を「営業」とか「リクルーティングアドバイザー」等の名称で、後者を「キャリアアドバイザー」「キャリアコンサルタント」「キャリアカウンセラー」等の名称を使っている会社が多いようです。分業スタイルと、一人のコンサルタントが求人求職の両方を担当するスタイルでは、それぞれにメリットがありますので、各会社により考え方や営業方針により決定されているようです。いづれにしても、人材紹介会社には求人企業サイドの業務と、求職者の皆様サイドの業務があるということはご理解ください。

各業務内容について

求人企業サイドの主な業務内容は、人材を募集している企業に対し、求人登録のご提案をし求人の申込受付の手続きをします。
その後、企業が必要とする人材をご紹介し、採用を成功まで導いていくまでのコンサルティング全般を担当する場合が一般的です。求職者の皆様サイドの主な業務内容ですが、転職相談にお越し頂く方たちに対し、キャリアに関する相談業務〜求人企業のご紹介〜内定・入社までのサポート業務全般を担当する場合が一般的です。求人求職のコーディネート業務については、最近は、システムを使って行なっている会社がほとんどです。
求人情報から該当者を検索する場合、求職ご登録者の希望から求人企業を検索する場合など、複合的な方法に加え、ヒューマンスキルのマッチングも行ないながら、ミスマッチのないコーディネートをしていきます。仕事の分担や進め方は各人材紹介会社により多種多様ですので、それぞれの求人情報をよく確認しましょう。

人材紹介会社の種類

人材紹介業というのは法律的には「民営職業紹介事業」というのが正式名称です。
民営職業紹介事業は、有料で行なう有料職業紹介事業と無料で行なう無料職業紹介事業があります。その名称の通り、手数料を徴収しない職業紹介が無料職業紹介、対価を徴収して行うのが有料職業紹介となります。
民間の職業紹介事業会社はほとんどが有料職業紹介事業会社です。

人材紹介の種類

【登録型】
最も一般的なスタイルです。求人者(人材を採用したい法人)からの求人申込、求職者(仕事を探している個人の皆様)の求職申込をそれぞれに受け付けた上で、最適なコーディネートを実現していくサービスです。現在のところ「人材ビジネスキャリア」に寄せられる求人もこのスタイルの人材紹介会社からの求人が多いようです。

【サーチ型】
求人企業からのご依頼にもとづき、求人企業が必要とする人材を探し(スカウトする場合もあります)、企業にご紹介していくというスタイルです。いわゆるヘッドハンティングがこのタイプに入ります。

【アウトプレースメント型】
再就職支援事業のことです。雇用調整を行なう企業からの依頼を受け、社員の再就職を支援するサービスです。メンタル面のカウンセリング、求人企業の検索から再就職が決まるまでの支援全般を行ないます。法律的にはアウトプレースメント事業も職業紹介事業に含まれます。※人材紹介の種類としては、このほか、常用目的紹介や紹介予定派遣(TTP)といったサービスもあります。

人材紹介会社と人材派遣会社の違い1(人材紹介会社)

人材紹介会社と人材派遣会社の違いは、一般的には少し分かり難いかもしれません。しかし、自分が応募する業界の仕組みやビジネスモデルを理解していないのは、面接では致命的となりますので、ここでは、人材派遣との比較を通じて、人材紹介についてしっかり理解しましょう。左の図をご覧ください。人材紹介は、企業と個人をコーディネートする点では人材派遣と同様ですが、求人者と求職者の斡旋業である点が人材派遣との大きな違いです。

人材紹介会社と人材派遣会社の違い2(人材派遣会社)

一方、左の図の様に、派遣先、派遣元、派遣労働者が正三角形でバランスよく契約関係で結ばれているのが人材派遣です。 人材紹介との大きな違いは、求人(派遣先企業)を紹介する派遣元が 人材を雇用し、職場である派遣先と労働者(求職者)の間には雇用関係が成立しない点です。
では、ビジネスとして比較した場合は、どのような違いがあるでしょうか。人材紹介業の場合は、求人求職のコーディネートが成立し、採用=ご入社が成立した時点で売上が発生します。
これに対し人材派遣業は、実稼動している派遣スタッフの人数分だけ毎月の売上収入が得られる点が特徴です。人材紹介業は利益率は高いが安定性に欠け、人材派遣業は人材紹介業に比べると利益率は低いが安定収入が得られます。故に最近は、人材紹介業と派遣業、あるいはコンサルティング事業やアウトソーシング事業等と兼業するケースが増加しているようです。

人材紹介会社が必要とされる理由(求人企業側)

人材紹介会社は、人材を採用する求人企業と、お仕事を探している転職ご希望者(求職者)の双方がお客様となります。それぞれに人材紹介会社を活用するメリットがあるから人材紹介は成り立っています。【求人企業が人材紹介会社を利用する理由の一例】

◎求人媒体を使った募集ではなかなか自社の魅力を伝え切れず、本当に欲しい人材が採用できない場合、人材紹介会社のキャリアコンサルタントを通じて自社の魅力を伝えてもらうことで、自社に関心をもった人材を効率よく採用できる。
◎採用に関する煩雑な事務作業を人材紹介会社に外部委託することで、効率よく欲しい人材を採用できる。
◎管理職を採用する場合などは、公募では欲しい人材の採用が難しい。
◎社内外に人材採用することは知られたくない場合に人材紹介会社のキャリアコンサルタントに依頼することで、極秘に採用活動をすることができる。

人材紹介会社が必要とされる理由(求職者側)

【求職者が人材紹介会社を利用する理由の一例】
◎多くの求人情報の中から本当に自分が希望する会社を見つけるのは大変なので、キャリアコンサルタントに相談しながら転職活動を行なっていきたいので。
◎キャリアコンサルタントに応募書類の書き方や選考過程におけるアドバイスなどをもらいながら慎重かつ大事に転職活動を進めていきたいので。
◎一般に公開されていない求人情報を教えてもらえるので。
◎自分の適正やキャリアに関することをアドバイスしてもらえるので。
◎業界のマーケット情報や最新の転職マーケット情報等を教えてもらいながら転職活動を行なえるので。
◎優良企業からの求人を紹介してもらえるので。
◎募集媒体での情報だけではわかりにくい社風や企業文化まで教えてもらえるので。このあたりの事例が皆様にもわかりやすい内容だと思います。企業により営業方針やサービスに対する考えの違いはありますが、いずれにしても、求人企業及び転職ご希望者の皆様との信頼関係の上に成り立つビジネスといえますね。