人材ビジネスキャリア|キャリアコンサルタントの求人募集について

このページでは、キャリアコンサルタントの求人募集に関する情報をまとめてみました。これからキャリアコンサルタントへの就職・転職活動を始める方、また現在活動中の方も、情報の整理の意味でも是非参考にして頂ければと思います。内容が一通りチェックできたら、早速人材ビジネスキャリアで求人情報を検索!気に入った求人情報があればどんどんエントりーしよう!応募企業から直接あなたに連絡が入ります!

キャリアコンサルタントの仕事内容

●人材紹介会社のキャリアコンサルタントは、求職者の転職活動における良きアドバイザーです。転職相談に応じながら求人の紹介をしたり応募書類作成のアドバイスをし、求職者の転職活動がスムーズに進むよう一緒に活動を推進していきます。また、転職相談業務と並行して、求人企業への求人内容取材や人材の推薦等も担当する場合もあります(実はこちらの場合の方が多いです)
●求職者の目的は転職先を決めることです。求人情報がないと転職活動のサポートは成り立ちません。そこで求人企業対応も非常に重要な業務となってきます。企業のトップや採用責任者との信頼関係構築がポイントです。求人受注の際は、求職者視点で取材することがポイントです。その後、候補人材の提案から年収交渉までの業務を求職者になりかわり行なっていきます。まさしくエージェント(代理人)ですね。
●そして、求人企業、求職者 双方の意思が固まれば晴れてご成約!ここで初めて人材紹介会社も報酬が得られることになります。(他にリテーナー方式と言われる前金をもらって人材をサーチするいわゆるヘッドハンティング会社もあります)

人材担当・企業担当って?

●人材紹介会社にとってのお客様は、求人企業である法人企業と転職先を求めている求職者の2者です。そこで業務をどのように分担するかは、各社の方針により異なってきます。その業務分担方法は概ね、2種類に分かれます。●一つは求人企業側と求職者側を一人のキャリアコンサルタントが担当するスタイルです。業界では「一気通貫制」と「両面制」とか言われています。もう一つが求人企業側と求職者側で担当を分けているスタイルです。業界では「分業制」と言われています。
●分業制の会社では、求人企業側の担当者のことを「企業担当」とか単に「営業」とか「RA」(アールエー⇒リクルーティングアドバイザーの略)と呼んでいる会社が多いようです。それに対して求職者側の担当者を「人材担当」とか「CA」(シーエー、キャリアアドバイザーの略)「キャリアカウンセラー」という名称の場合が多いようです。
●分業制・両面担当制ではそれぞれメリットがありますのでどちらがいいという判断も目的により異なってきます。

未経験からキャリアコンサルタントを目指す方へ

●中途採用マーケットでは原則「即戦力」であるか否かが重視されがちです。であれば未経験からのキャリアチェンジって無理なんだろうか・・・⇒ご安心下さい。未経験からキャリチェンジされている方もたくさんいらっしゃいます。ポイントは何をもって経験・未経験を判断されているかです。
●実際、多くの求人募集では、人材紹介の経験という狭い範囲ではなくもっと幅広い経験を活かすことができる求人がたくさんあります。例をあげると、”法人営業経験””個人営業経験””業界専門知識(IT、メーカー、金融、メディカル等)””企業人事経験”等です。
●但し、人材紹介会社は、人材採用に関するプロフェッシナルです。厳しい選考基準をクリアーする覚悟でチャレンジして下さい!

★またアシスタントとして入社した後キャリアコンサルタントを目指していくと言う裏ワザもあります。★

キャリアコンサルタント経験をお持ちの方へ

●キャリアコンサルタント経験をお持ちの方は、やはり「即戦力」として期待されます。

@得意な分野、コンサルティングの手法等、実績等 いままでの経験値をどんな角度から聞かれても答えられるようしっかりまとめておきましょう!
Aまた、当たり前のことですが転職理由についても出来る限り簡潔にまとめておきましょう!
B3つめのポイントは相性です。選考過程でしっかり見極めて下さい!

人材紹介会社の求人募集状況

●2007年あたりまでは、「ポテンシャル採用」と称した「若手未経験でも潜在能力に期待」といった大量採用の求人が多数ありましたが、最近の傾向としては、採用基準がはっきりしているケースが増えてきています。「人材紹介業界での経験は必須ではないが(法人営業)の経験があったほうが良い」等といった具合です。また、いろんな分野に専門特化した人材紹介会社からの求人が増えている傾向です。人材ビジネスキャリアにご掲載頂いている求人企業は業績を伸ばされている会社ばかりです。気になる求人があればどんどん応募していきましょう!